モニターのクライアントさんの募集 「関係性が動き出す」パートナーシップやチームとのセッション

【モニターのクライアントさんの募集 「関係性が動き出す」パートナーシップやチームとのセッション】

「システムコーチング」という、
「“関係性の中の可能性”を開くワークと体系」を、今年から学んでいます。
ここまで14日間・約110時間をかけ、基礎から応用までを。

これまでファシリテーションを17年、NVCを6年。
学び、お仕事にもさせてもらってきました。

その上に今回の学びがあり、
人や、「人と人がいればどこにでも生まれる“関係性”」と関わる力がより深まり、統合されています。

学びは尽きず、学ぶほどに見えることが増え、開ける可能性が広がる。
そんなものなのかもなぁと感じています。

システムコーチングは、
「身体の知性」
「身体や、目に見えない直観的なものからエッセンスを引き出すこと」という、
繊細で精妙なプロセスを確かさを持って扱える、貴重な体系だと感じています。
(「プロセスワーク」(まだちゃんと説明する言葉を持っていませんが)を特に源流にしていると聞いていて、その叡智が生きています)

「もっと深めたい!」と思い、さらに9ヶ月に渡る「プロフェッショナル実践コース」に参加することにしました。
お金も時間も大きな投資となる一大決心ですが、これまでの自分が織り重ねてきたものとあまりに合致するように感じ、「今だ」と自然と思えました。
家族や仲間、たくさんのサポートを受けて先に進みます。大きな感謝のエネルギーの分、がんばる。

さて。
その実践コースの中で「実践」を通して学ぶため、
【ぼくから「システムコーチング」を受けてくださるクライアントさんを求めています】!

ここで大事なこととして、クライアントさんは「関係性さん」となります。
個人ではなく、2人以上の「関係性の生きたシステム」なんです。

具体的には、
1.ご夫婦や親子など、親密なパートナーシップを持っている方々
2.仕事や活動などを共にするチーム、組織の方々
といった感じです。

1.は、最も近くにある関係性で、あらためて扱おうとするときには少し挑戦を感じるものかもしれません。

2.は、仕事の中でいつも顔を合わせているけれど、あらためて関係性を中心のテーマにした時間をつくることは少ないかもしれません。

システムコーチングでは、そういった関係性を、クライアントさんたちと共に扱います。

関係性がどのような現在地にいて、本当にはどんな関係性でありたいのか。

具体的な論点を直接話し合うというより、
それを起点にしつつ、自分の中にある様々な声や、直感、身体の感覚や動きから、「関係性そのものにはたらきかけていく」という感じの時間です。

イメージしづらいかと思いますが、そうした時間を通して、「関係性が動き出す」というのが、
システムコーチングが関係性にもたらす実りだと感じています。

ぼく自身、仲間からシステムコーチングを受け、
妻との関係性、母との関係性のそれぞれを扱いました。

特に母とは、以前よりは息子としての気恥ずかしさなく話せるようにはなっていましたが、親子の反応のパターンがやはりありました。
システムコーチが共にいてくれることで、そのパターンからするりと抜けた状態で母と話せて、本当の願いをお互い話せた感覚で。
そのあと会ったときには、限られた時間で、話したい大切なことを語り尽くせました。

自分の体験からも、システムコーチングの威力を感じます。

実際にセッションに進むときには、十分に準備をして、関係性をつくるそれぞれの方に安心して入っていただけるように関わります。

関係性に取り組むことは、勇気がいることもあると思います。
「変わるだろうか」「良くなるだろうか」と想像がつかないこともあるかもしれません。
#もちろんいい感じの関係性をさらに進めることも

長い歴史のある関係性が劇的に変わることは、もしかしたらないかもしれません。
#体感的には劇的な変化を感じることもあります

「このまま」が向かう先に、ほんの少しでも違いが生まれ、
それがたった「(角度の)2°」だけの方向変化でも、
長い歩みの到着地には大きな変化が生まれる。

そんな、長く大きな目も持ちながら、関係性と関わらせていただきます。

長々となりましたが、モニター・クライアントさんになってくださる方、ぜひよろしくお願いします。
「久しぶりに世太とやりとりしたい」という動機からでも歓迎です(笑)

当面は、セッション1時間〜1時間半目安で11,000円を基準にさせていただこうと思います。
「すごくやりたいけど、有料では合意がとれなそう…」というご事情があられる場合にはご相談ください。なにか、得意とされていることとの交換での提供も、ご事情によっては可能です。

組織に対してのセッションは準備もそれなりに必要なため、ご相談させてください。

いろんな角度から関係性を扱えるため、テーマ感によって一緒に設計していきます。
もちろん、一回で完了を選ばれても構いません。

どうしても短く書けません(笑)
とにかく気になった方は、コメントやメッセージでお知らせいただけたら嬉しいです😌

ブログからのお問い合わせはこちらから
https://oiwai.life/contact-us/

読んでくださって、ありがとうございました!

(写真は鹿児島の山の上で家族と。たくさんのことを重ねてきたなぁ)


「システムコーチング」は、正式には「ORSC®(Organization & Relationship Systems Coaching®)組織と関係性のためのシステムコーチング」という名称で、「CRR Global Japan合同会社」の登録商標であり、彼らが大切な叡智と実践を分かち合ってくれているものです。
https://crrglobaljapan.com/

この記事を書いた人

Seita
Seita
システムファシリテーター
株式会社musuhi 取締役COO / Systems Facilitator
ひとつまみの希望 主宰
世界と変わるコトバ研究所(NVC インテグラル理論 U理論 つながりを取り戻すワーク システム理論 等を統合的に扱い「私から、世界と変わる」ための研究・実践活動)


東京生まれ。大学時代から環境問題に取り組み、社会人時代に15年続く環境NPOの代表理事を拝命。2011年に鹿児島に移住、対話・ファシリテーションを鹿児島のまちづくり・地域コミュニティの文脈に導入する事業に参画。2017年4月に合同会社むすひを共同創業、「対話を核に組織が文化から変容していく」組織変革プログラムを仲間と運用。現在は「協働の質を高め、チーム・組織の中での対立も扱えるコミュニケーション:NVC」のオンラインスクール・コミュニティ事業や、第一人者たちと日本での展開に取り組む。


*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!