次のパフォーマンスを高めるためにちゃんと休むこと

ようこそ。

今日から屋久島入りして明日から妻とホールドするリトリート。ご縁あった方々、そして今日偶然であった数名も合わせて、3日間をつくっていきます。

立春までの冬の期間、22時に寝られるように努めながら、特にブログを始めてからは22時をすぎることも増えましたが、昨日まで東京で、父・母と過ごせる貴重な時間をフルに使ったために24時をすぎることも多く、それまでの期間とのギャップもあり、疲労が蓄積していました。

明日からの3日間、とても大切にしたいと思っているため、今日はちゃんと休息をする選択をします。

自分がとる行動を自分で選択することの意味と力を特に最近感じているため、そのことも含めて記しておきたく、今日のブログに選びました。

Photo by Carl Flor on Unsplash
今日は屋久島でヤクシカにも会えた! 動物写真好き。

しっかり休めたあとには、インスピレーションの質も量もあがる。その実感を持っています。 

それでは、また会いましょう。 

この記事を書いた人

Seita
Seita
システムファシリテーター
株式会社musuhi 取締役(設立準備中)
ひとつまみの希望 主宰
世界と変わるコトバ研究所(NVC インテグラル理論 U理論 つながりを取り戻すワーク システム理論 等を統合的に扱い「私から、世界と変わる」ための研究・実践活動)


東京生まれ。大学時代から環境問題に取り組み、社会人時代に15年続く環境NPOの代表理事を拝命。2011年に鹿児島に移住、対話・ファシリテーションを鹿児島のまちづくり・地域コミュニティの文脈に導入する事業に参画。2017年4月に合同会社むすひを共同創業、「対話を核に組織が文化から変容していく」組織変革プログラムを仲間と運用。現在は「協働の質を高め、チーム・組織の中での対立も扱えるコミュニケーション:NVC」のオンラインスクール・コミュニティ事業や、第一人者たちと日本での展開に取り組む。


*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!