“NVCの基礎”を起点に、「“これまで通り”を超え続ける心と身体」を養うオンラインクラス ビジネス・一般的文脈寄せデザイン(どなたも歓迎!)

【“NVCの基礎”を起点に、「“これまで通り”を超え続ける心と身体」を養うオンラインクラス ビジネス・一般的文脈寄せデザイン(どなたも歓迎!)10月29日スタート平日夜クラス/11月13日スタート土日午前クラスのお誘い】

みなさまこんにちは。鹿児島は秋めいてきました。庭の柿が毎日少しずつ熟し、おいしい日々です。

ぼくが開かせてもらっているクラスの15期・16期のお誘いです。
5人定員のつながりしっかりラーニングコミュニティ。
経営者から学生、主婦の方まで参加していただき、

「型だけでなく、NVCのあり方は内に持ちながら、自然な形で人とやりとりできるようになった」
「人に合わせて生きてきたところがあったけど、『本当はどうしたいの?』という問いが私の中に深く突き刺さって。そこからたくさんのことに気づいた」
「本音でオープンな場に惹かれる。クラスのあの感じが忘れられない」

といった声をいただきます。

「愛」が象徴する“受容やつながり”を大前提の器に、
「力」が象徴する“変化や前進”も統合的に扱います。

慣れ親しんだ「これまで通り」に留まる引力が生み出すニーズともつながりながら、
それを超える「願う姿・世界」に向かうためのマインド・内的プロセスの扱い方にも取り組みます。

ぼく自身がまずオープンに、「これまで通りを超える」生のプロセスを分かち合い、
それが、ぼくを含めたコミュニティ全体の学び・発見、そしてつながりを生んでいるように感じます。

今もちょうどそうしたプロセスの中で収穫を感じていて、ラジオで話してみました。
このクラスのエッセンスともつながるので、「どんなものなんだろう??」と興味を持っていただけたときには、感触を想像してもらいやすいかもしれません。よかったら。


チームを創造的にする「言いづらいけどここにある本当のこと」
https://stand.fm/episodes/61614aa57c04e000076211ee

「『これから』のために、今、とても大事なタイミングにいる気がする」
そんな方が参加してくださることが多い気がします。

ピンと来た方、ぜひご一緒しましょう。

━━━━━━━━
“NVCの基礎”を起点に、「“これまで通り”を超え続ける心と身体」を養うオンラインクラス
ビジネス・一般的文脈寄せデザイン(どなたも歓迎!)

“NVC” の基礎を、
体感・知識・言語化で統合的におさえ、
「“これまで通り”を超え続ける意図」を育み、
「そう生きる」道を共にする、
濃密であたたかい学びのコミュニティ
https://oiwai.life/nvc-basemake-online/

【晩秋・初冬クラス 日程】
10月29日(金) 19:00-22:00
11月5日(金) 19:00-22:00
11月10日(水) 19:00-22:00
11月16日(火) 19:00-22:00
11月22日(月) 19:00-22:00
12月3日(金) 19:00-22:00
12月13日(月) 19:00-22:00
12月21日(火) 19:00-22:00

【冬クラス 日程】
11月13日(土) 9:30-12:30
11月20日(土) 9:30-12:30
11月27日(土) 9:30-12:30
12月4日(土) 9:30-12:30
12月11日(土) 9:30-12:30
12月26日(日) 9:30-12:30
2022年1月8日(土) 9:30-12:30
2022年1月22日(土) 9:30-12:30

この記事を書いた人

Seita
Seita
システムファシリテーター
株式会社musuhi 取締役COO / Systems Facilitator
ひとつまみの希望 主宰
世界と変わるコトバ研究所(NVC インテグラル理論 U理論 つながりを取り戻すワーク システム理論 等を統合的に扱い「私から、世界と変わる」ための研究・実践活動)


東京生まれ。大学時代から環境問題に取り組み、社会人時代に15年続く環境NPOの代表理事を拝命。2011年に鹿児島に移住、対話・ファシリテーションを鹿児島のまちづくり・地域コミュニティの文脈に導入する事業に参画。2017年4月に合同会社むすひを共同創業、「対話を核に組織が文化から変容していく」組織変革プログラムを仲間と運用。現在は「協働の質を高め、チーム・組織の中での対立も扱えるコミュニケーション:NVC」のオンラインスクール・コミュニティ事業や、第一人者たちと日本での展開に取り組む。


*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!