no-image

「関係性のためのコーチング」パートナーシップ向けの詳しいご案内

先日呼びかけをさせていただいた「関係性のためのコーチング」を、実際に共にさせていただく方にお送りしているご案内メッセージを、せっかくなのでここにも置いておきたいと思います。

今回はご夫婦など、親しいパートナーシップの関係性にある方々向けのご案内文です。

新たなご縁でお役に立てる機会を得られたら嬉しいのと、「関係性のための、こんな試み方がある」ということも伝えたいと思ってです。

例えばご夫婦と共にさせていただく場合、どちらか片方とぼくがつながっていることの方が多く、するともう一方からすると「誰?どんなことするの?」という心配が湧くのもとても自然なことです。

セッションについて、明確さと安心を持って始めるために、ひとかたまりの情報をお伝えするものなので、けっこう長文です😅
「へー!」とか思いながら、見ていっていただけたら嬉しいです。



この度は、「組織と関係性のための“システムコーチング”」のモニター・クライアントさん募集にこたえていただき、感謝しています。

あらためまして、石川 世太(いしかわせいた)です。
鹿児島で組織開発や地域コミュニティの形成を「対話」を中核プロセスとして進めたり、オンラインで全国の方と個人セッションや対話のスクールを開催しております。
(よりご関心を向けていただけるようでしたら、会社の個人ページをご覧いただけたら嬉しいです:https://musuhi.earth/team/ishikawa/)

まずは、「パートナーシップの関係性」という、
挑戦を感じたり、抵抗や恥ずかしさを感じることも自然であるような、プライベートで大切な事柄を共にさせていただくことを思い、
大きな感謝と、体温のある覚悟を胸に感じています。

あらためて、どうぞよろしくお願いいたします。

このメッセージではおおまかに以下の内容をお伝えします。

1.システムコーチングの概要
2.実際の進め方
3.事務的な事柄について
4.初回の設定へ

けっこうなボリュームになってしまいましたが、明確さと安心感を持って進められることを願い、じっくりお読みいただけたらありがたいです。


【 1.あらためて、システムコーチングについて(概要)】

この「組織と関係性のためのシステムコーチング」は、
「関係性が直面している具体的な課題感」を扱ってそこにシフトを生むことや、
「関係性の中にある本当の願いや可能性」につながり直すといった、
日常の流れの中で起こすことは簡単ではないかもしれない、そんな場をつくります。

パートナー同士やチームメンバーを、そこにもともとある“エッセンス”や“エネルギーの源”といった深い部分へ導くものでもあります。

「第三の存在」と呼ばれる“チームスピリット”を発見したり、
「自分たちを通じて関係性に何が起ころうとしているか」を発見していきます。

他にも、

「それぞれ数十年の歴史がある『異国同士』のようなお互いを知るための“国々のワーク”」

「大切に思ういくつもの事柄との距離感や動きの感覚からより深く知り合う“コンステレーション”」

「関係性が持っている『最高の夢』を描き、同時に、『望まない未来』も想像することで『ありたい私たちの日々』が浮かび上がる“ハイドリーム/ロードリーム”」

「関係性の中の『名前のある役割(父、母、妻、夫など)』と『名前のない流動的な役割(子育ての中、家事の中、仕事の中など)』の存在に気づく」

といった多数のツールやスキルを携え、共にさせていただきます。

「関係性についての叡智」として、
関係性における問題の2/3以上は永く付き合っていくものであり、“解決”するたぐいのものではないということ。
そして最も重要なこととして、そうした永続する問題さえも、互いに取り組んでいくことができるということ。

関係性の中で起きていることは、
「見たり、聞いたりすることで確認できる領域」
「それぞれの中で、あちらへこちらへと想像が広がり動き回る領域」
「言葉にならない直感的な領域」
といった複数の領域の間を行ったり来たりしていることにも気づいていきます。

こうした発見は、パートナーシップの関係性に始まり、他の関係性の中でも息づく知恵になっていくと思います。

★より詳しく知りたいと思っていただいたときは、この体系を提供しているCRR Global JapanのHPをご覧ください。
https://crrglobaljapan.com/program/
私はこちらが提供している基礎・応用コース(計14日間・110時間)を修了し、プロ実践コース(8ヶ月・200時間以上)の過程におります。


【 2.実際の進め方について 】

おおまかにこんな流れを予定しています。

1)初回・ヒアリングセッション
 ↓
2)テーマに沿ったツールを用いたセッション(複数回予定)
 ↓
3)完了セッション


1)初回・ヒアリングセッション 1時間目安(初回は、年内は無料にて実施)
・今後のセッションを共にする全員で出会う機会
・あらためて「関係性のためのシステムコーチング」の概要と、前提となる考え方のご説明

・おふたりに対して質問をさせていただき、今後のセッションのテーマ感をつかみ、進め方を構築する
<質問の大枠>
○ おふたりの関係性の現在地を感じていく
○ これからどんな関係性を育んでいきたいと願っているか
○ そのために関係性の中で扱いたいテーマにはどんなものがあるか

・ここまでを元に、大枠のテーマ感を合意し、回数・頻度をご相談

・セッションを共にする上で、「ありたい雰囲気、大切にしたいこと、共有しておきたい気がかり」を確認

・次回へ


2)2回目以降のセッション 各回1時間目安(当面は5000円/1セッションにて実施)
・今回のテーマと内容について確認
・チェックイン(この話題を受けて、必要があれば流れの変更)
・テーマに沿ったツールでのセッション
・セッションの収穫の確認と、次回の確認


3)完了セッション 1時間目安(当面は5000円/1セッションにて実施)
・一連のセッション全体の振り返り
・流れを締めくくり、今後につながるツールでのセッション
・感謝の時間


★大切にしたいこと
・上記を進行のイメージとしながら、関係性の必要に応じて、高い柔軟性をもって対応していきます。
・私のクライアントは、おふたりであり、「おふたりの関係性」の全体です。私が男性であり父親でもあることの影響は、いろいろな形で自然と現れるものだと思いますが、どちらかに肩入れすることなく、クライアントである「おふたりの関係性」の利益を最優先することをお約束します。
・初回セッションを終えた段階で継続するかどうかを判断していただいても構いません。ただ、そうした声も含めて「関係性のエッジ(挑戦が必要なポイント、だからこそ抵抗が生まれる)」のあらわれであることもあります。
全体を通して、本気さをもって、ときには粘り強い対話も含め、共にさせていただきます。


【 3.事務的な事柄について 】

1)セッションご提供の方法
・当方で用意した「ZOOM」を使用させてください。
・できるだけ、PCでの入室をお願いいたします(スマホ等、画面が小さいと、システムコーチング特有の微細な表現が伝わりづらい可能性があります)。
・おふたりはひとつの端末で、並んでおられることを想定しておりますが、ご出張中など状況によっては個別端末から入っていただく形でも問題ありません。
・可能であれば、お子様とは別の空間で、集中できる環境が望ましいです。ご事情もあると思いますので、必要であればご相談ください。
・事前・セッション間のやりとりは、初回以降は全員のグループメッセージなどで行えればと思います。

2)契約について
「メッセージ・メールでのやりとり」をお約束の記録とさせていただけたらと思います。

3)守秘義務
セッションの事前のやりとりも含め、取得した情報についての守秘義務をお約束いたします。

4)コーチング・フィーについて
初回セッション終了後、2回目以降について、セッション開始前の入金をお願いいたします。
詳細は入金のご依頼をする際にあらためてお伝えします。
★ご事情によっては、お仕事にされていること、得意領域など、普段サービスとして提供されていることと交換、という形でいただくことも可能です。必要な場合には、どうぞご遠慮なくご相談ください。

5)記録のお願い(できればのお願いです)
私の学びを深めるために、セッションの録画をさせていただけたら、とてもありがたいです。
セッションを始めるタイミングで確認させていただきますね。
(録画の同意をいただいた場合も、セッション終了後「あの部分は削除しておいてほしい」ということがあればそのようにいたします、どうぞお伝えください)


【 4.初回の設定について 】

それぞれの仕事、日常などいくつもの要素がある中での調整となることを想像しています。
一度設定した後でも、様々なご事情によって変更の必要があるときには、直前であったとしても、どうぞご遠慮なくお伝え下さいね。
互いへのリスペクトを持ちつつ、つながる方々が健やかで心穏やかでいられるやり方にできればと思います。

各セッションは1時間を目安にしておりますが、開始時間に余裕を持って座っていられたらと思いますし、終了後もセッションの余韻を感じたり、おふたりでお話しできるスペースがあるとなお良いと思います。
ご多用の中と想像していますが、ご自身のため、関係性のために、できるだけスペースが確保できることを願っています。

日程の候補は、私の予定がこちらのカレンダーからいつも更新されて確認できますので、活用ください。
朝は7時から、夜は22時半までを目安に、日程の打診をいただけたらと思います。
https://xxxxxxxxxxx


ご案内は以上です。
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございます。
ご不明な点や、気がかりのあることなど、どうぞご遠慮なくお伝えください。

初回セッションでお話できることを楽しみにいたしております。
まずは、すこやかな日々であることを願っております。

(よかったらの参考情報)
▼私のクライアントさん募集の呼びかけ投稿
https://www.facebook.com/seita.ishikawa/posts/4454905627911340

▼私のラジオでシステムコーチングのことを話している回
https://stand.fm/episodes/617f974772b03c0006a4cb58


「システムコーチング」は、正式には「ORSC®(Organization & Relationship Systems Coaching®)組織と関係性のためのシステムコーチング」という名称で、「CRR Global Japan合同会社」の登録商標であり、彼らが大切な叡智と実践を分かち合ってくれているものです。
https://crrglobaljapan.com/

この記事を書いた人

Seita
Seita
システムファシリテーター
株式会社musuhi 取締役COO / Systems Facilitator
ひとつまみの希望 主宰
世界と変わるコトバ研究所(NVC インテグラル理論 U理論 つながりを取り戻すワーク システム理論 等を統合的に扱い「私から、世界と変わる」ための研究・実践活動)


東京生まれ。大学時代から環境問題に取り組み、社会人時代に15年続く環境NPOの代表理事を拝命。2011年に鹿児島に移住、対話・ファシリテーションを鹿児島のまちづくり・地域コミュニティの文脈に導入する事業に参画。2017年4月に合同会社むすひを共同創業、「対話を核に組織が文化から変容していく」組織変革プログラムを仲間と運用。現在は「協働の質を高め、チーム・組織の中での対立も扱えるコミュニケーション:NVC」のオンラインスクール・コミュニティ事業や、第一人者たちと日本での展開に取り組む。


*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!