私たちがブログを書く理由

ようこそ。

ブログを始めます。試みとして、家族で一緒に。

まずは自分の着想を形にしていくための契機に使いたくて始めようと思ったけど、家族で紡いでいくことで表現できる世界観もあると思い、一緒にやろうと。息子の表現も登場させたい。

ブログを書くのは、まず本当にベースとして「自分たちのため」。自分たちの中にあることを言葉にすることを通して、着想の小さいけど輝く火種から現実化のための炎を熾していくため。自分の手元のノートに書いておけばいいことだけど、それでは情報が生きていかない。少なくとも家族や親しい友人は観てくれるであろうブログの形にしておくことで、これまでになかったつながりやエネルギーの循環が生まれていくことを思い描いています。

当面のブログ更新の基準は、自分の息子が将来、父親がどんな事を考えていたんだろう?ということを知ろうとしたときに、知って、彼の役に立つことか、ということ。あるいは、自分が死んだあと、自分がどんな事を考えていた人なんだろう?と興味を持ってくれた人が読んで、ああ、そうだったんだ。と、知ることができてよかったと思ってもらえそうなこと。つまり、自分の中でひらめいたこと、自分の中で感じていること、淡い希望、胸をときめかせる構想、などなど、軒並みどんなことであれ、きっとそれには適うと思う。だから、当面のブログ更新の基準は、とてもとても低い。ゆくゆく、自分の文章力が更に高まり、自分の中にあるものをそのまま表現しながら、万の人にも読みたいと思ってもらえるようになることがあるかもしれないが、それを狙ったものではなく、日々自分の中に稲妻のように閃くアイデアや構想の種や感じたことを自分のために言葉にしていくことを普段からしようと思っていて、それを文章にするのであれば、自分だけが読むことができる範囲に留めておくのでなく、世界に触れることができる場所に置いておこうということ。言葉は、情報は、それが流通できるところにあれば、自分で命を持つように、人の中に入ってその人の中でまた違った形になって、また他の人に流れていくような、そんな動きをしていくことができるものだと思う。だから、自分が言葉にしたことを、自分だけが読める、流通する可能性が少ないところに置いておくことは、自分が言葉にしたことの命をとても制限することになるようにも思って、こうして世界に触れられるところに置いておこうと思う。

「自分の中にあるものは、言葉にしてみて、初めて、自分にとってもどんなものか知ることができる。」これはナラティブ・アプローチの学びの中の言葉で、とても気に入っている。自分が次に発した言葉が、自分を変え、誰かを変え、世界を変えるかもしれない。そんなとても根源的な肯定をくれる学び。

日々の中で自分に訪れる着想や、生きてきた中で自分の中に残っているものへの意味付け、家族で学び探求し実践している NVC/ナラティブ・アプローチ/オーガニック/陰陽五行と暮らし/氣功/アクティブ・ホープ/マインドフルネス/組織開発/ディマティーニ・メソッド・・・といった事柄の気付きなど、書き貯めていきたいと思っています。

なにかに共鳴して私たちとやりとりしたいと思ってくださったときには、どうぞご連絡ください。

それでは、また会いましょう。

年末の美しい日の入り。
2018年末の美しい夕暮れ

この記事を書いた人

Seita
Seita
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life
Life Embody Facilitator & Writer/“KAGOSHIMA ORGANIC”準備中
NPO法人 鹿児島県有機農業協会 常務理事(広報担当)
助産院と生きる親たちの楽しく力強い集い(仮)メンバー

お仕事として、会議ファシリテーター、組織のビジョニング、企業研修(共感能力開発、言語化能力開発、チームビルディング等)。
Life Workとして、鹿児島のオーガニックのプラットフォーム(器)づくりに奔走、鹿児島中央助産院の支援、夫婦ブログの運用。

*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!