12年目の“オーガニック映画祭” 当日に起こしたいと描いていること

いよいよ明日です!
昨年の3日連続から1日の開催になりましたが、明日はとても充実した1日になりそうだなと思っています。「縮充」。

その上で、明日の機会が、映画祭というイベントが成功に終わるというだけでなく、来た人達にとって「本当に発見がたくさんあり、繋がりが生まれ、これからの日々に変化が起こる可能性がより大きくなる」ことも起こしていきたいと思っています。
今回のイベントでやろうと思っている、ベースの部分は見えてきたので、それ以上のことを起こすための企みを色々と考えています。

それ以上のこと、というのは、
・来てくれた人たちと私たちとの繋がりの強さ
・来てくれた人達同士が繋がること
・それぞれが持っている情報が知り合われ、そしてこれからも活用できるように残ること
をイメージしています。

今年のオーガニック映画祭の始まりの時、僕が資料にしてみた話の中で、

「オーガニックフェスタ」は、オーガニックに関心のない人も含めた広い範囲の人に、オーガニックとの接点を生み出していく大きなイベント。

そして、「オーガニック映画祭」は、元々オーガニックに関心のある人達が多く集まるイベントで、その人達の間に繋がりを作り、彼らを通して、広くオーガニックの情報や意識が広まっていくこと。
としていました。

まさに、そこを作るための取り組みとして、
・感想を知り合う時間
・オーガニックな情報が手元に残るための簡単な冊子
・そしてカフェでのゲリラ的なお話の展開
を考えています。


▼感想を知り合う時間
映画を見終わって、短く感想を知り合う時間を作りたいと話していました。
実際のやり方としては、映画が終わったら僕が会場で挨拶をし、日常の中で触れる機会の少ない映画の中で扱われていることが、日常により活きていく助けになると思い、
今感じていることを話すことや、他の人が同じものを観てどう感じたのかを聞くことをおすすめして、話し合う時間の導入をしていきます。

▼オーガニックな情報が手元に残るための簡単な冊子

シニアの方も多く、ホームページの情報などに触れる機会が少ない方も多そうだし、日常に帰ってから選択が実際に変わるといったことを助けるために、関連情報を大まかに、ある程度の冊子にしたものを作って配ろうと思っています。

▼カフェでのゲリラ的なお話の展開
普段だったら急には話せないような、「オーガニックにまつわる話」を、“映画やオーガニック映画祭という背景と文脈”を活用して、展開していける場所として活用したいと思っています。

特に開始時間もなく、イベント的な開催ではないですが、ゲリラ的に話しかけたりして展開しようと思います。

こちらが持っている情報をお伝えしたり、
来ているみなさんが感じたことや持っている情報を聞いたりして、
それをカフェの机や壁に模造紙を設置して、そこにどんどん書いていったり、

そこにある情報自体をウェブにも掲載していって、今回来れなかった人達も後から見れるようにする、そういった、かなり活発な“対話と創造の場”にしたいと目論んでいます。


映画を観て、オーガニック映画祭という場を体験して、
そして“その後、どんなことが起きるか”が大事だと思っているので、
“開催が何事もなく無事に終わる”は大前提として、それ以上のことを狙って、明日1日、一生懸命動いてみたいと思っています!

今年のテーマはこれ。ここに向かって。

それから、12月と2月の映画祭について。
12月は、日程と会場を、「12月15日(日)午後にかごしま環境未来館にて開催」とだけ決めています。

12月の企画については、今の実行委員会のみなさんのうち関われる方々と、新たなメンバーと一緒に、9月の映画祭とはまた違ったやり方・あり方で、開催していきたいと思っています。
来年も、9月の秋開催はこれまでの流れを大切にして、同様の開催形態(ガーデンズシネマで開催!)として、他の季節はまた違った形態で開催していく構想を練っています。より若い層をめがけた企画にしていきたい。
構想段階から企画にしっかり関わりたい、という方はお声がけください!

今夜は前日入りで準備して、明日は1日イベント運営!楽しみです!
ぜひお越しくださいー!

この記事を書いた人

Seita
Seita
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life
Life Embody Facilitator & Writer/“KAGOSHIMA ORGANIC”準備中
NPO法人 鹿児島県有機農業協会 常務理事(広報担当)
助産院と生きる親たちの楽しく力強い集い(仮)メンバー

お仕事として、会議ファシリテーター、組織のビジョニング、企業研修(共感能力開発、言語化能力開発、チームビルディング等)。
Life Workとして、鹿児島のオーガニックのプラットフォーム(器)づくりに奔走、鹿児島中央助産院の支援、夫婦ブログの運用。

*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!