申込開始!「大企業や国連をクライアントに持つ、ビジネスに強いNVCトレーナー・ディアンのトレーニング “NVC at WORK”」3月14日・15日 @東京

ようこそ!

以前、東京の会場探しのサポートお願いも投稿させていただいた件、無事会場が決まり、

そしてそして、ウェブサイト制作も完了して、リリースに辿り着きました!

昨年、共に作らせてもらった3つのリトリートから、ぐぐっとビジネス領域に振る内容です。
届けたい人の属性や、響かせたい“人の中の領域”をぐっと変えて、表現しています。
同時に、企画の想いの根源、つくりにかかっている世界は共通しています。

今回の制作に際し、NVC仲間で、企業の中で人事・組織開発に携わる友人、外部トレーナーとして企業の組織開発に関わる友人から、事前フィードバックをもらいました。

マーケティングでは当たり前かもしれませんが、こうした企画を本気で届けたいと思ったときに、当たり前にやりたいと思いました。
そして、企画のブラッシュアップ以上の収穫もあり。やってよかった。
素敵な友人のみなさま、本当にありがとう!!!!

サイトを見てもらうだけでも、「確かにこの領域はあるし、重要だよね」と感じてもらえると思います。ぜひ。

ぼくはNVCと出会い、人と人、その集まりである組織を大きく変える可能性に胸が躍りました。
学ぶ中で手応えを感じ、深い探究をして、自分の変容を感じ、組織への、世界への希望が心に宿りました。

同時に、熱心に語ってもなかなか響かず、歯がゆい思いや、痛みを伴う出来事に見舞われることもありました。

・・・

仕事、事業、組織の中に“効く”形でNVCを導入できたら、自分が体験している世界=“実社会”に変化を起こせるはず。

でも、それが一番難しい。日常的な仕事のシーンでNVC的な会話は入り込む余地がないし、思い切って使っても妙な雰囲気になることもある。

そもそも、なぜNVCを導入することが事業・組織に意味があるのか、感覚ではわかるけれど、ビジネスの文脈で明確に説明できない。

「NVCを導入したら、こういう効果があり、こんなことが起きて、つながってつながって、事業にもプラスの効能が生まれます」

そう言うことはできても、それが本当のことなのか、手応えのある実績は自分には無いし、実際にそれを成した人から明確な根拠と臨場感を持って聴いたことも無い。

・・・

上に書いたことは、ぼくの体験の一部でもあり、仲間の体験の一部でもあります。

今回のトレーニングは、
「実際にそれを成している人から明確な根拠と臨場感を持って聴き、ノウハウを受け取り、試し、質問できる稀有な機会」
です。

国連やメルク社、Johnson & Johnson社などの大企業もクライアントに持つ、“ビジネスに強いNVC海外トレーナー” ディアン氏を招聘し、

“NVC at WORK”「NVCを組織にもたらし、実社会で変化を生む」をテーマに、2日間の、ワークショップというより“トレーニング”に近い機会をつくってもらいます。

“15年に渡り、小さなNPOから大きなNGO、フォーチュン100企業など様々な組織にNVCを伝えてきた実績あるNVCトレーナー・コーチ” ディアンから、

「NVCとビジネスとの間にしっかりと橋を架ける」貴重な学びの機会へのご招待です。

・・・

NVC at WORK
Dian Killian

CNVC認定トレーナー
ディアン・キリアン博士 来日
特別トレーニング

「NVCを組織にもたらし、実社会で変化を生む」ための2日間
http://nvc-at.work/

オーガナイズ:
今井 麻希子
石川 世太

この記事を書いた人

Seita
Seita
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life
Life Embody Facilitator & Writer/“KAGOSHIMA ORGANIC”準備中

お仕事として、会議ファシリテーター、組織のビジョニング、企業研修(共感能力開発、言語化能力開発、チームビルディング等)。
Life Workとして、鹿児島のオーガニックのプラットフォーム(器)づくりに奔走、鹿児島中央助産院の支援、夫婦ブログの運用。

*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!