理事を4年務める“鹿児島県有機農業協会”のHPリニューアル!(実務がっつりしました)

ようこそ。

先日書いた「抽象度の高い情報を作っていく時間の大切さ」とは裏腹に、ここ1週間ほどは(全体としてはもう3ヶ月くらい)、【参画している鹿児島県有機農業協会のホームページリニューアルのディレクション】という“超具体的な実務”をこなすことに多くの時間を使ってきました。

自分だけで意思決定できる訳ではなく、「多様な度合いでかかわる多様な方々」の意見を鑑みながら制作していくというのは、なんというか、もう超神業みたいなプロセスで(何度か投げ出しそうになった。最近そんな表現が多くて、なんか根気がない奴のようだけど、本当に大変なの(笑))、もう超疲れました。。

けれど、その甲斐あって、以前のホームページから飛躍的にいいものにできた!と思う。

まだもう少しブラッシュアップするし、今後も成長させていく。以前のサイトをご存知の方にはぜひご覧いただきたい!

NPO法人 鹿児島県有機農業協会
https://koaa.or.jp/

(デザインを担当して下さり、共に伴走してくださったオーガニックデザインの皆様、本当にありがとうございました!!!!!)

ホームページをちゃんと作り上げることの意味

相変わらず思いを込め込めに込めているので、文量も多くなりがちで、まだまだ、見やすさや洗練する部分は余地があると思うけど、「私たちの組織や活動はどういうもので、どんな想いを持っているのか」という、組織の中では大切なアイデンティティとなる情報を、いつでも誰でも参照できるようになったというのは、抽象度の高い部分の解像度を高めることになり、それは具体的な活動をする時点での質にも、相当な影響をもたらすことになると思っている。

例えば、今までもボランタリーで参画してくれる仲間達はたくさんいてくれたけれど、この先のことを思うともうひと回りもふた回りも強力な布陣が必要だと思っていて、そのことは潜在的にみんな感じていたけれど、「もっと仲間がいたらいいのに」というくらいであまり言語化できてこなかった。

今回、リニューアルをきっかけにボランティア募集のページをしっかりと作ることもできた。

デザインと言う意味ではまだまだかもしれないが、言語化という意味では、今までにないレベルでできたと思っている。

今までにない経路で、今まで以上の仲間が現れてくれる予感がしている。

そのためにも、自分自身が挑戦し、試み続けていることが役に立つと思うし、こうして言語化をして発信をし続けることも、そこに繋がっていくと思っている。

というわけで、読んでくださっているあなたにも、是非仲間になってほしい、ボランティア募集ページはこちら!

ボランティア募集

当協会では、環境を守り、生態系との共生ができる有機農業を営む農家とその農地を広げると共に、その営みを続ける基盤となる、有機の食べ物を選択する消費者の仲間を増やしていくために、様々な活動を行っています。 その活動は、当協会の専従スタッフを核のひとつとしながらも、実行委員会や、個人の協力者など、多様な方々の多様な参画で、成り立っています。 …

楽しいよ!本気だよ!ボランティア募集。

そういうわけで、「超具体的な作業」でありながら、やっぱりその過程では今まで言語ができてこなかった「抽象度の領域」があって、そこを言語化するプロセスはまた自分をめきめきと鍛えてくれている実感がある。

時折「もう無理・・・」と思うような“多様な仲間たちとの合意形成”も学びや経験になると共に、その方々との間につながりを形成していくプロセスでもあり、今後の活動自体にとっても、とても大事なプロセスになったと思っている。

ホームページという存在自体、「私達がどういう存在で何をしていて、何を大切に思っていて、これからどんな世界を作ろうとしているのか」ということを表明するものであり、同時に自分たち自身にとっても「そう、こういうものだった」と思い出すための存在だと思っている。

それを、十分な解像度で改めて存在させることができたこと、本当にもう超疲れてくたくただけど、大きな収穫だ。

あー、よかった。

というわけで、“常に未知の領域”の冒険は続く。

また会いましょう。

この記事を書いた人

Seita
Seita
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life
Life Embody Facilitator & Writer/“KAGOSHIMA ORGANIC”準備中
NPO法人 鹿児島県有機農業協会 常務理事(広報担当)
助産院と生きる親たちの楽しく力強い集い(仮)メンバー

お仕事として、会議ファシリテーター、組織のビジョニング、企業研修(共感能力開発、言語化能力開発、チームビルディング等)。
Life Workとして、鹿児島のオーガニックのプラットフォーム(器)づくりに奔走、鹿児島中央助産院の支援、夫婦ブログの運用。

*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!