着想を形にする快感と、進化の目的を思う

ようこそ。

着想を形にしていくことというのは、人間にとってこの上なく満たされるものなのではないか。ニーズで言えば、生きている実感、イキイキさ、好奇心、見てもらえること。感情で言えば、魅了される、ワクワク、駆り立てられる、震える、力がある。

ある意味、ごく自然な感覚であり、ごく自然に、そうした営みをするというのが、人間の、だし、生物の基本的な志向性なのではないか。置かれている環境、これまで積み重ねてきた遺伝子レベルも含めた知恵をもとに、常にクリエイティブであること。それが生物の基本的な姿なのではないか。

思考することができるようになった人類は、そのベースであればこれまでの生物たち以上に爆発的に創造をすることができる。思考の力ゆえに、その創造の方向は幾通りもあり、数多の分岐点を過ぎ、自然との間に繊細で膨大な影響を与え合い、今の地球の状態に至った。

その今の状態がどうであるか、ということを意味付けし、判断することができることも思考の賜物で。思考がなければ、ただ、今の状態に至っている中で、自分たちも生きている、というだけ。

例えば、大量発生したイナゴが草原の草を食い尽くし、荒涼とした大地を生み出し人間も含めた他の生物が食糧を失ったとしても、イナゴはそのことを悲しんだり、そうなったことに不安を覚えたりすることもなく、飢えて食糧を得られなくなったものから死んでいき、自然の許容量に合った数になっていく。

もっと大きな絵の中で見れば、人間は全生物の進化の壮大な前進の中の、一つの先端にいるとして、それは全生物から膨大な数のバトンを受け取ってそこにそうやって存在しているとも見える。そう見ると、人間は大いに、これまでの全生物の全進化からの膨大な期待を向けられているとも思える。

人間という種は、思考の力を結集した壮大なクリエイティビティによって、強烈な閃光のようにエネルギーを使い果たし壮絶に絶えていくのか。

あるいは、その壮大なクリエイティビティによって、今直面している限界を超えて、さらなる爆発的な創造をしていくのか。

できることなら、その未来の中に生きていきたい。

また会いましょう。

Trees tell us that.

この記事を書いた人

Seita
Seita
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life
Life Embody Facilitator & Writer

仕事として、NVC等のトレーナー、コミュニティビルディング、会議ファシリテーター、組織のビジョニング、企業研修(共感能力開発、言語化能力開発、チームビルディング等)。WEB制作、ライティング。
Life Workとして、鹿児島中央助産院の支援、夫婦ブログの運用。家族クラウドファンディングプロジェクト・「星の家」挑戦中。


*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!