星の家、ラストスパートの日々!

星の家は、一旦の区切りの、春分のオープン記念パーティを間近に控えています!

素晴棟梁が毎日毎日作業を進めてくれて、
ようやく、住まいずさんから我が家にやってきた、鹿児島の杉の木を使った床板をはれる段階になりました!
蒲生の大工さん・原田さんにも協力していただいて、着々と床板がはられ、昨日でほぼ完了したとのこと・・・!嬉しい!

床がはられて、初めて”きわ”までの珪藻土が塗れるところもあるので、そこも含めて、最後の作業になっていきます。

先日は、先日壁塗りワークショップをリードしてくれた優子さんが来てくれて、「途中まで塗って、その後また塗っていく」という、スムーズに仕上げるのがわりと難しいところをたくさん進めてもらい、まさに「百人力」でした。優子さん、ありがとう!

僕らも壁塗りがだいぶ上手くなってきて、「仕上がりに満足がいくようにやった頃に作業が終わる」という、これはよくあるパターンですよね。。
友人が近々、同じ珪藻土を使った壁塗りをしようとしているので、そのお手伝いの時にまた力を発揮したい!

いよいよ明日が春分で、咲子はその準備で方々に電話をかけたり働き回ってくれています。
同時に、東京から仲間のまぁちゃんが来てくれて、星の家の歌づくりも進んでいるところ。

僕は僕で、NVC仲間の鈴木 重子さん、安納 献さんが鹿児島に来てくれて、昨日はがっつりミーティング。
NVCや社会的な活動の実践者であり、マニア的でもある我々は、放っておくとずーーーっとミーティングをして、気が付いたらグッタリということになります(笑)
その後、美味しいご飯を食べて英気を養い、今年の企画を豊かにしようとしています。

今日はこの後星の家で、明日人を迎えられるぐらいの仕上げとして、
細かい所を掃除したり、床板にオイルフィニッシュという仕上げをしたりします。

何ヶ月も「作業途中」が続いていたので、終わりが来るのがなんだか不思議で、まだまだ「この家に住むのか・・・!」という不思議な感覚を持ちながら、最後の仕上げに取り組もうと思います。

まだ終わりではないですが、
ここまで見守ってくださったり、手伝ってくださったり、支援をくださった方々に、本当に大きな感謝をしています。

こんな体験をさせてもらって、本当にありがたいです。

そして、ここからの気づきや、これからやっていくことの中で、繋がる皆さまや世界に、還元していきたいと思います。

ラストスパート、多少体にも無理がやってきますが、もう少し頑張ります!

(写真は、一眼忘れて、しかもあんまりいいアングルでないものもありますが(笑)、ぼくたちにとってはどれも愛おしい感じ。もうちょいだ!)

この記事を書いた人

Seita
Seita
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life
Life Embody Facilitator & Writer

仕事として、NVC等のトレーナー、コミュニティビルディング、会議ファシリテーター、組織のビジョニング、企業研修(共感能力開発、言語化能力開発、チームビルディング等)。WEB制作、ライティング。
Life Workとして、鹿児島中央助産院の支援、夫婦ブログの運用。家族クラウドファンディングプロジェクト・「星の家」挑戦中。


*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!