セミシェアハウス「あっと。」から「星の家」へ

わが家兼「セミシェアハウスあっと。」では、これまでたくさんの友人たちや尊敬する方々と共に、場をひらいてきました。
夫のせいたが先に住み始め、友人たちとつくりあげたあっと。は、あっという間に5年経っていました。

“なにかが起こる場所”という意味のその名前の通り、日々たくさんのストーリーが繰り広げられました。

鹿児島中央駅から徒歩5分程の場所にありながら、目の前は共研公園で、春は桜が咲き誇り、秋はイチョウの葉が地にひろがる。
ふと外を見るといつでも楠がやさしく葉を揺らし、都会にいながらも自然を感じられ、来る人々をやさしい気持ちにさせてくれていたように思います。

そんなあっと。で、大学生たちと楽しい企画を企んだり、月に一度誕生月会をひらいたり、NVCの勉強会をひらいたり、尊敬する方々に講座をひらいていただいたり、旅人が来たり…
ほんとうにたくさんの方々が来てくださいました。

人と人がつながる場所で、私が夫と出会った場所も、この家でした。

膨大なストーリーを含んだこの家を、大学生ののんちゃんとがんちゃんに引き継いで、今年、霧島市の隼人町小浜(おばま)へと移住します。

小浜で出会った古民家をリノベーションし、

家の名前を「星の家」と名付け、

わが家兼みんなの学び舎「海の学校」をひらきます。

そして、そのための“ わが家なりの”クラウド・ファンディングをスタートします。

星の家
– 石川家の“小浜・古民家再生” と “みんなの学び舎” 海の学校 クラウドファンド☆プロジェクト! –
https://hoshi.house/

Webサイトでは、わたしたちの思いを真っ直ぐに綴っています。
よければ見ていただけると嬉しいです。
そして、心が動いたら、なんらかの形で応援していただけると嬉しいです。

ここからあたらしくはじまる「星の家」のストーリーは、どんなふうに綴られていくのか、楽しみでなりません。

石川家のあたらしい挑戦を、あたたかく見守っていただけたら嬉しいです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

この記事を書いた人

Sakiko
Sakiko
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life
Mother ship 主宰


1990年、鹿児島・薩摩川内市生まれ。高校卒業後、リラクゼーションサロンに勤務。ボディケアを提供する中、「こんなにも多くの人が疲れているのはなぜだろう?」「人の根源的な癒しは、どうやったら起こるのだろう?」という問いを抱く。

6年間勤めた後、「食・暮らし・コミュニティ・社会のシステム」が生命に与える影響の探求を始め、「人と人とのつながりを大切にする対話法・NVC(非暴力コミュニケーション)」と出会う。
その学びの中で、先住民の叡智をくんだ「 “女性のための集い”・ウーマンズサークル」で起きた癒しとエンパワーに可能性を感じ、2年前から霧島市でウーマンズサークルを開いてきた。

安心できる場で、互いの話を聴き合い、喜びを共に祝福し、そして、共に痛みを嘆く。
“存在を受けとめられる体験”を通して生まれた、仲間との深い信頼は、“自分の人生”を生きる活力になると気づいた。
女性が自分の人生を生きることを決めたとき、家庭も、コミュニティも変容するのを目にし、「女性は世界をエンパワーする」と信じている。

学びの活動は夫婦で共にし、夫婦ブログ「ひとつまみの希望」も共同主宰。
NVCの学びをシェアする2泊3日の「屋久島“つながる”リトリート」を開き、1週間規模のNVC合宿にも複数携わる。その他、食や暮らしにまつわるワークショップを主催している。

昨年より霧島・小浜で「星の家」プロジェクトをスタート。古民家再生・クラウドファンドに取り組み、4月からは「みんなの学び舎・海の学校」を開いていく。


*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*夫・Seitaの記事一覧はこちらからどうぞ!