星の家へ、木製の玄関サッシと薪ストーブを探しています!

広島でのソーシャルジャスティスリトリートを終えて、燃え尽きてしまったのか、帰ってきて早々インフルエンザ(たぶん)にかかってしまい、数日前にやっと起き上がれるようになりました。

広島から、高熱のあいだもずっと、
惑星一個分のような自分自身や他者と深く向き合うプロセスのなかにいたので、宇宙旅行をしてきたようで、半ば浦島太郎状態です。(笑)

さて、わが家が鹿児島を不在にしているあいだ、星の家では、高橋 素晴さんを中心に、加藤潤さん、湊順子さん、サポートに入ってくださった大工さん達が古民家再生を進めてくれていました。ほんとうに感謝です!

星の家・クラウドファンドプロジェクトWEBサイト
https://hoshi.house

まるでホームに帰ってきたような安心感がある場所。
生きとし生けるものたちや、自分自身の生命とのつながりを取り戻す場所になりますように。

そんな願いを込めて、古民家再生を進めています。クラウドファンディングも引き続きよろしくお願いします。

これから壁を塗ったり、キッチンを土間にしたり、海側に大きな窓をつけたりと、まだまだ星の家の古民家再生は進みますが、

ここに来て星の家の玄関が決まらず、困っています😅
そして薪ストーブも探しています。

星の家に到着したおひとりおひとりを「おかえり」と迎える、あたたかい木製の玄関と、
寒い日に身体だけでなく、心や記憶までもあたためてくれる薪ストーブの火。

もしも奇跡的に余っているもの、譲ってもいいよ、というものがあれば、お譲りいただくか、安く購入させていただけると嬉しいです。



その後さっそく2つの薪ストーブ屋さんの情報をいただきました、感謝!

鋳物のストーブの方がいいなと思っているので、こちらのサイトの45,500円(内税、送料無料)のものはかなりいいかも・・・と思っているところ。

ノザキ産業 オンラインショップ

■薪ストーブなど重量物はお近くの運送会社止めとなります。配達先にフォークリフト等の荷降ろし機材があり、常時荷受け可能な会社、お店のみ直接の配達が可能です。 ■ 年 末 年 始 の 営 業 ご 案 内 ■ 運送業者の運休と荷物の混雑により12月20日以降の発送につきましては年内のお届けが難しい地域がございます。お急ぎの際は質問確認の上ご購入願います。 ※ 年末の発送は12月27日まで可能ですが、その場合多くの地域が1月6日以降の配達となります。 ※ 弊社の休業は12月31日〜1月5日となりますので年明けからのお取引連絡と発送は1月6日から順次行います。 ご不便をおかけしますが何とぞご理解頂きますようお願い申し上げます。

もうひとつのサイトは、持ち運びもできる薪ストーブということで、キャンプでも使えるみたい。基本的に家の中でどしりと構えていてほしいなと思っているので、今回は見送りそうだけど、リーズナブルだし扱いやすそう。

薪ストーブの新保製作所

こんにちは。 店長のJIMMYと申します。 当店の商品の特徴は、リーズナブルな価格でありながら本格的な薪ストーブのあたたかさをお楽しみ頂ける点にあります。 アウトドアなどでの使用では、火と人と自然の在り方を感じていただくこともできます。 お客様が薪ストーブ生活を始めようとするとき、不安や期待が入り混じって、ワクワクする気持ちになるものです。 …

この記事を書いた人

Sakiko
Sakiko
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life
Mother ship 主宰


1990年、鹿児島・薩摩川内市生まれ。高校卒業後、リラクゼーションサロンに勤務。ボディケアを提供する中、「こんなにも多くの人が疲れているのはなぜだろう?」「人の根源的な癒しは、どうやったら起こるのだろう?」という問いを抱く。

6年間勤めた後、「食・暮らし・コミュニティ・社会のシステム」が生命に与える影響の探求を始め、「人と人とのつながりを大切にする対話法・NVC(非暴力コミュニケーション)」と出会う。
その学びの中で、先住民の叡智をくんだ「 “女性のための集い”・ウーマンズサークル」で起きた癒しとエンパワーに可能性を感じ、2年前から霧島市でウーマンズサークルを開いてきた。

安心できる場で、互いの話を聴き合い、喜びを共に祝福し、そして、共に痛みを嘆く。
“存在を受けとめられる体験”を通して生まれた、仲間との深い信頼は、“自分の人生”を生きる活力になると気づいた。
女性が自分の人生を生きることを決めたとき、家庭も、コミュニティも変容するのを目にし、「女性は世界をエンパワーする」と信じている。

学びの活動は夫婦で共にし、夫婦ブログ「ひとつまみの希望」も共同主宰。
NVCの学びをシェアする2泊3日の「屋久島“つながる”リトリート」を開き、1週間規模のNVC合宿にも複数携わる。その他、食や暮らしにまつわるワークショップを主催している。

昨年より霧島・小浜で「星の家」プロジェクトをスタート。古民家再生・クラウドファンドに取り組み、4月からは「みんなの学び舎・海の学校」を開いていく。


*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*夫・Seitaの記事一覧はこちらからどうぞ!