妻とホールドする、屋久島“つながる”リトリートを開く。妻とつくれる場の力と可能性を感じる一日目。

ようこそ。

妻とホールドするリトリートが始まった。

初日のテーマはNVC。概念を直接的に伝えるのではない、NVCが大切にしている世界観、人と人との関わりの質感を体感できる場にしたいと思い臨んだ。

屋久島という土地で開催したことで、「3日前にこのリトリートを知った」という人も含め、多様な背景を持った人たちが集まってくれた。屋久島というのはなんともドラマチックな場所だとあらためて知る機会になった。

またまとめたいと思っているけれど、今日の場には子供が3人。子供たちがいる中で、学びや空間のニーズと、子供たちのニーズの両方をどこまで、どうホールドしていけるかはいつもテーマで、今日もそのことは大切な焦点になった。

それもまた、豊かな学びの材料となった。

後半、子供たちに近い場所でサークルを持つために移動して対話を続けた。

妻と持つ場は、NVCの生き方の大事さにしっかりと根を下ろしている妻がいてくれることで、自分もそこからよりぶれずにいられる感覚。

涙が流れるような、人と人との豊かな関わり合いが生まれ、その上で、このことにはどんな意味があるのか、今やこれからの社会の中でどんな力を持ちうるのだろうか、ということも添えていく、体感と見方の両方を分かち合っていく機会にできた。

今までNVCを分かち合う機会は何度も持たせてもらっているけれど、その中でも特に深く、そして全体性やバランスもとれた内容になった。

これからもなお、分かち合っていきたいという意欲と、確かさを自分の中に生み出す機会になった。

そしてそれは、妻と共に場を持つことで起きたこと。

自分一人で持つこともできるけれど、一人だけでリードしていると力の構造が固定化してきてしまうと思っていて、その集中が分散できることも大きい。

また、自分とは異なる感覚から、そしてシンプルに、男性と女性という違いからも、妻が語る言葉には自分にはないものがたくさんあり、場に響いていく。

その力と可能性をあらためて感じる今日の機会でもあった。

一日の終わりに妻と振り返りをし、そのプロセスは自然と、NVCで大切にしている「お祝いと嘆き」という、良かったこと・祝いたいことと、気になっていること・嘆きたいことの両方が話される時間になり、豊かだった。

夫婦でこうした時間を共にできることは、なんとも豊かで、幸福なことだと感じる。

明日も一日かけて、今日とはまた異なるディープなプロセス。

エネルギーが要るけれど、またすごいところに辿り着くことをイメージして、臨みます。

それでは、また会いましょう。

この記事を書いた人

Seita
Seita
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life
Life Embody Facilitator & Writer/“KAGOSHIMA ORGANIC”準備中
NPO法人 鹿児島県有機農業協会 常務理事(広報担当)
助産院と生きる親たちの楽しく力強い集い(仮)メンバー

お仕事として、会議ファシリテーター、組織のビジョニング、企業研修(共感能力開発、言語化能力開発、チームビルディング等)。
Life Workとして、鹿児島のオーガニックのプラットフォーム(器)づくりに奔走、鹿児島中央助産院の支援、夫婦ブログの運用。

*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!