元南極観測隊・環境学博士 ひさしと、アクティビスト 世太の「気候変動YouTube」、少しずつ

9月20日から気候マーチの流れで、ひさしのアカデミックな気候変動の話と、
ぼくの最大限の実感を込めた「今起きていること」「私たちにできること」の話、撮影していたのをアップしました。

この世界的なタイミングに合わせて、それぞれの日常がありながら、最大限のことをやろうと話しているので、まだまだよくできるし、含みたい内容もたくさんあります。

完璧な内容ではないと思います(そもそもこの事柄に“完璧”はないと思っていますが)が、この時点で発信することにも意味があるだろうと、発信します。

「この部分は、こういう情報もあるよ」といった情報提供や、
今後の内容のリクエストもあればぜひ。

———–
▼気候変動の危機感と、ではどうしたらいいのか?を概要としてつかむのにおすすめ。

元南極観測隊・環境学博士 大岩根尚とアクティビスト 石川世太の「気候変動の仕組み(ダイジェスト)」「ではどうしたらいいか?」「世界の取り組み」「私たちにできること」2019/9/23気候マーチ@鹿児島

▼より詳しく、温暖化と地球のシステムを知るのにはこちら。

元南極観測隊・環境学博士 大岩根尚の「温暖化と気候変動の危機感が腹オチする話(わかりやすいイラストつき)」

▼より詳しく、生活由来のCO2のこと、私たちにできることの入り口に触れるにはこちら。

元南極観測隊・環境学博士 大岩根尚の「鹿児島市の気温上昇記録」「私たちの生活由来のCO2排出」「ではどうしたらいいか?」2019/9/20 気候マーチ@鹿児島

▼感覚的に、“気候危機”の臨場感をつかむのに役立ちそう。(冒頭部分を撮れてなくて残念・・・!)

アクティビスト 石川世太の「温暖化make sense」「グレタさんスピーチの意味と気候活動を俯瞰、“非暴力”の前提」「気候災害が激化した社会で起きること」「本当に効果的な取り組みとは?」

この記事を書いた人

Seita
Seita
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life
Life Embody Facilitator & Writer/“KAGOSHIMA ORGANIC”準備中
NPO法人 鹿児島県有機農業協会 常務理事(広報担当)
助産院と生きる親たちの楽しく力強い集い(仮)メンバー

お仕事として、会議ファシリテーター、組織のビジョニング、企業研修(共感能力開発、言語化能力開発、チームビルディング等)。
Life Workとして、鹿児島のオーガニックのプラットフォーム(器)づくりに奔走、鹿児島中央助産院の支援、夫婦ブログの運用。

*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!