no-image

グレタさんスピーチまとめ(2018年11月TED〜2019年9月23日の国連スピーチ)(まとめ途中)

グレタさんの9月23日の「How dare you!」のスピーチが一気に広まっていると思うので、そこに至る流れをシンプルに追えるように、まとめ始めてみる。

2018年12月@COP24と2019年9月23日のスピーチがほぼ同様で、2度目の演説に憤るのもうなづける。

本当は記事などたくさん情報があるが、ひとまずスピーチ動画から。

2018年11月 TEDxStockholm

彼女が活動することになった背景も含めて語られる。

「“学校に行くべきだ。勉強して気候科学者になって気候危機を解決したらいいじゃないか”という人がいるけど、気候危機の事実と解決策は既に揃っています。あとは行動だけ。
将来を守るためのことを誰もしていないのなら、もはやなくなる将来に向けてなぜ勉強をする必要があるのでしょう」

「希望よりも、必要なのは行動です。行動をすれば希望が溢れます」

「既存のルールに従っていては世界は救えないのです。ルールを変えなければならないからです。すべてを変える必要があります。そして、今日始める必要があるのです」

2018年12月12日、ポーランドのカトヴィツェで開催されたCOP24(気候変動枠組条約第24回締約国会議)にて。(当時15歳)

この場で、2019年9月23日のスピーチとほぼ同様の内容を訴えていることがわかる。9ヶ月後、もう一度同様の内容を語らなければならないことに、憤りや悔しさがあることも自然な感覚かもしれない。

2019年9月19日 ジョージ・モンビオと、気候変動について、そして「ではどうしたらいいのか?」を語る動画配信

3分ちょっとで、make sense(腹落ち)する、「伝える」ことを意図する人にとって超勉強にもなる、超秀逸な動画だった。
 
適切な抽象度・具体性で、大事なことに目を向けさせるし、「じゃあどうしたらいいの?」に応えるシンプルな解もある。
 
特定の誰かやなにかを批判・非難するところにエネルギーがかかっていないところも、このことを受け取り、「共に持つ」ために超重要。
批判・非難は分離を生んでしまい、願うところから離れていってしまう感覚がある。
 
しかも、全画像・動画が二次利用で、「この撮影のために飛行機は一機も飛ばしていません」という一貫性。
 
“届き切るメッセージ”として超秀逸。
 
  
【今の状況を感じ、】
 
(温室効果ガスの排出を続け、その吸収・固定ができる森林の伐採・償却を続け、それを加速させる経済の仕組みを採用していること)
 
 
【なにが必要かを感じ、】
 
(自然を保護すること、自然を再生すること、お金がそのために循環するようにすること)
 
 
【そのために、誰もが、自分ができることがあることを感じさせる、】
 
(自分がそのための行動をすること、そのための行動をする人を応援する・投票する・お金を循環させること)
 
 
超秀逸な動画だった!

2019年9月19日 アメリカ議会にて

2019年9月21日
国連気候ユースサミットにて

国連ユース気候サミット、開催

世界中で多くの若者が #気候行動 を求めて行進した翌日、#国連ユース気候サミット が、9月21日(土)、国連本部で開催されました。 ユースの気候行動で世界的なリーダーシップを発揮した #グレタ ・トゥーンベリさんをはじめ、若い気候活動家が参加。世界に向けて気候行動を起こす重要性を呼びかけました。ユース気候サミットの模様はこちらからご覧いただけます。https://bit.ly/2m7qX9z#ClimateAction #ActNow

国連広報センター (UNIC Tokyo)さんの投稿 2019年9月21日土曜日

2019年9月23日
国連気候行動サミットにて

おそらく今最も有名な「How dare you!(よくもそんなことを!)」のスピーチ。
2018年12月12日のスピーチと同様のことを伝えたい、一貫した姿勢とともに、そこに応えられていない世界を感じる。
グレタさんに応えられていない、というよりは、この時代の集合的な声に、応えられていない、私たち。という感覚。

“グレタさんへの激しい批判”に私たちも傷つく。そのお守りのような記事。

グレタさんスピーチ(2019.9.23)をきっかけに、世界で巨大な反応が起きた。共感も、批判・非難も。それをどう観るかの、自分にとってお守りのようになっている記事を2つ紹介しておきます。

科学から:信頼している江守正多さんの投稿 2019.9.28

国連 気候変動スピーチで注目のグレタ・トゥーンベリさんについて知ってほしい5つのこと(江守正多) – Yahoo!ニュース

気候変動。大人たちが子供の将来に危機をもたらしていること。世界のCO2排出量をあと10年で半分にすべきこと。牛肉の生産が大きな環境負荷をもたらすこと。日本の石炭火力発電の新設が世界から批判されていること。 これまで一部の関心がある人たちの話題でしかなかったこれらのことが、今週、一気に日本全国の「お茶の間」に届いたことに、筆者は興奮を隠せない。 …

ジャーナリズムから:信頼している志葉玲さんの投稿 2019.9.27

【コラム】トゥンベリさん怒りの演説と、醜悪な日本の大人達(志葉玲) – Yahoo!ニュース

先日の国連気候行動サミットでの、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16歳)のスピーチは、鬼気迫る見事なものだった(「セクシーポエマー進次郎」こと小泉環境大臣とは大違い)。温暖化対策に本腰でない政治家を、未来の世代を代表して、叱りつける。筆者も大人の一人として、気が引き締まった。ただ、予想はしていたものの、日本での反応、とりわけYahoo!ニュースでのユーザーコメントやツイッター…

この記事を書いた人

Seita
Seita
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life
Life Embody Facilitator & Writer/“KAGOSHIMA ORGANIC”準備中
NPO法人 鹿児島県有機農業協会 常務理事(広報担当)
助産院と生きる親たちの楽しく力強い集い(仮)メンバー

お仕事として、会議ファシリテーター、組織のビジョニング、企業研修(共感能力開発、言語化能力開発、チームビルディング等)。
Life Workとして、鹿児島のオーガニックのプラットフォーム(器)づくりに奔走、鹿児島中央助産院の支援、夫婦ブログの運用。

*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!