まなこ

無垢で 素直な 眼


わたしにとっての息子は、大事なことを思い出させてくれる存在。

その輝く瞳

目から

身体から 

放射されるエネルギー。



無垢で 素直な まなこ。

命 そのままの存在。




人は、わたしは、忘れてしまった

そのままでいることを。


たくさん、たくさん、傷ついてきた。
生きていくために身につけた誰かへのジャッジメント。こうなったのはおまえのせいだ。親のせいだ。社会のせいだ。

自分は誰よりも知っているのだ。と強く大きく見せようとする。そして「またやってるよ。」と自分自身にジャッジする。

人への恐れ。世界への恐れ。
また傷つくのでは。

自分は人に

世界に

受け入れられるのだろうか。



そんな途方もない暗闇のなかで、

時空を越えてやってきた息子がわらう。

そのまなこが教えてくれる。

あなたは命そのままに生きていいのだということを。

あなたは命の光を、放射していいのだということを。



いつだって教えてくれる。

人は そのまなこと存在 だけで

愛を示すことができるのだということを。

この記事を書いた人

Sakiko
Sakiko
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life
Mother ship 主宰


1990年、鹿児島・薩摩川内市生まれ。高校卒業後、リラクゼーションサロンに勤務。ボディケアを提供する中、「こんなにも多くの人が疲れているのはなぜだろう?」「人の根源的な癒しは、どうやったら起こるのだろう?」という問いを抱く。

6年間勤めた後、「食・暮らし・コミュニティ・社会のシステム」が生命に与える影響の探求を始め、「人と人とのつながりを大切にする対話法・NVC(非暴力コミュニケーション)」と出会う。
その学びの中で、先住民の叡智をくんだ「 “女性のための集い”・ウーマンズサークル」で起きた癒しとエンパワーに可能性を感じ、2年前から霧島市でウーマンズサークルを開いてきた。

安心できる場で、互いの話を聴き合い、喜びを共に祝福し、そして、共に痛みを嘆く。
“存在を受けとめられる体験”を通して生まれた、仲間との深い信頼は、“自分の人生”を生きる活力になると気づいた。
女性が自分の人生を生きることを決めたとき、家庭も、コミュニティも変容するのを目にし、「女性は世界をエンパワーする」と信じている。

学びの活動は夫婦で共にし、夫婦ブログ「ひとつまみの希望」も共同主宰。
NVCの学びをシェアする2泊3日の「屋久島“つながる”リトリート」を開き、1週間規模のNVC合宿にも複数携わる。その他、食や暮らしにまつわるワークショップを主催している。

昨年より霧島・小浜で「星の家」プロジェクトをスタート。古民家再生・クラウドファンドに取り組み、4月からは「みんなの学び舎・海の学校」を開いていく。


*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*夫・Seitaの記事一覧はこちらからどうぞ!