裸足ランニング 8回目 4.5km 23分「まめができた!」

ようこそ。

足首に、多少疲れと痛みというか、“張り”が残っている感じもあったけど、運動をしてリフレッシュし、集中力を高めたかったので、ランニングへ。

前日から足の裏に“まめ”の兆候を感じていたけど、走り始めた序盤で足の裏の痛みが増し、まめの症状が進んでいるような感覚。その痛みをカバーするように体を使いながら走り続けた。

こう書くとつらそうに聞こえるかもしれないけど、天気も良く、川縁を走るのはやっぱりとても気持ちがいい。

こんな感じのところを走っています

満月後で川縁に泥や石が多く転がっていて、余計ながら走るのがまた面白くもある。

走っている途中で、右足のすねの外側の筋肉が縦に沿ってあるが、そこに張りを感じた。筋肉の感覚を感じながら、体を調節しながら走っている感覚。

「自分が走っている」ということを観察したくて、走りながら動画も撮ってみた。裸足ランニングがどんな感じのものかも伝われば。

動画だけ見てみるとなかなかいいテンポで早めのスピードで走っているように見えるなぁ。
こうして観察してみるのも楽しい。

足裏の状態も記録してみよう。足裏を見せることなんてほとんどないんだよなぁとあらためて不思議に思う。

大切な足裏にもっと意識を向けよう。

(夜に追記)右ふくらはぎの筋肉痛が強くなってきた。右膝にちょっとこわばりあり。夕方にギョサンで少し走って、いつもと違う感覚や、重さを感じながら走っていたことも影響しているかも。

では、また会いましょう。

裸足ランニングについてはこちらから。

この記事を書いた人

Seita
Seita
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life
Life Embody Facilitator & Writer/“KAGOSHIMA ORGANIC”準備中
NPO法人 鹿児島県有機農業協会 常務理事(広報担当)
助産院と生きる親たちの楽しく力強い集い(仮)メンバー

お仕事として、会議ファシリテーター、組織のビジョニング、企業研修(共感能力開発、言語化能力開発、チームビルディング等)。
Life Workとして、鹿児島のオーガニックのプラットフォーム(器)づくりに奔走、鹿児島中央助産院の支援、夫婦ブログの運用。

*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!