裸足ランニング「と、ごみ拾い」に発展! 甲突川沿い5.5km

ようこそ。

9月8日のオーガニック映画祭に、直前期から含めて、リソースをフル投入して日々の習慣も崩れてしまっていたので、その後もちょっと崩れ気味になっていて・・・

習慣の力の大きさを改めて思いました。

いつものように裸足で気持ちよく走っていたんだけど、前回走っていると、川縁で焼肉をしたであろうたくさんのゴミが・・・

油とかお肉のトレイとか・・・いや〜なタイプのごみ・・・

前回は最低限まとめただけだったけれど、今日は袋を持参して、案の定そのまま放置されていたそれを拾うことができた。

このあと分別したよ。ちなみに近所の公園にもけっこうごみが落ちていた。みんなどういうつもりなんだろう。

他にもビニール袋やプラスチックの欠片など落ちていて、ここは海に近い川なので、風で飛んだり、大雨で増水したりしたら、このプラスチックが海に流れていくことになり、海に流れてしまえばコントロールすることが困難になる。

最近よく言われているように、海に流れてきたプラスチックが原因で命を落とす海の生き物たちがいることを思うと、この状況を見過ごせないと思い、ビニール袋を持参して走りながら拾ってみている。

特にタバコの吸い殻のフィルター部分が海の生き物にとってはかなり有害であることが分かっているので、小さいけれどタバコの吸い殻も拾っている。

本当にあちこちに落ちているので、走りながらちょこちょこ止まる。

普通のランニングなら止まりたくない意識が働くと思うけど、私の場合は、運動を、「脳のリフレッシュや脳の神経回路を強めてくれる作用を促すためのもの」としてやっているので、多様な動きがあった方が良かったりする。

この、落ちているゴミを拾う、タバコの吸殻はよく落ちていて、ちょこちょこ止まる必要がある、というのは、実はその“多様な運動”という意味ではぴったりだったりする。

そういうわけで、日々の走るという行為が、一粒で何度も美味しい形になってきていて、なかなかいい感じ。

さらに今日は、これまでとは違った種類の花が咲いているのを見つけ、いくつか手折ってきて、家で花瓶に飾っている。

人間の脳は不思議なもので、植物を目にすると記憶能力が高まるという研究もある。

(とてもリスペクトしているこちらの本から)

それが、外にある本当の自然であれ、絵に描かれたものであれ、自然なものを見ると記憶力が高まるというのだ。

そういうわけで、こうして摘んできた花を花瓶に生ける、そしてそれが目につくところにあるというのも、自分のやりたいことを支えてくれる後押しになると思う。

それでは、また会いましょう。

この記事を書いた人

Seita
Seita
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life
Life Embody Facilitator & Writer/“KAGOSHIMA ORGANIC”準備中
NPO法人 鹿児島県有機農業協会 常務理事(広報担当)
助産院と生きる親たちの楽しく力強い集い(仮)メンバー

お仕事として、会議ファシリテーター、組織のビジョニング、企業研修(共感能力開発、言語化能力開発、チームビルディング等)。
Life Workとして、鹿児島のオーガニックのプラットフォーム(器)づくりに奔走、鹿児島中央助産院の支援、夫婦ブログの運用。

*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!