裸足ランニング 3.8km 18分 下手すると一日中PCに向かう自分には大切な習慣。

ようこそ。

今日は、朝から午後半ばまでヘビーなミーティングがノンストップで続き、頭フル回転・目がしょぼしょぼ状態で帰宅・・・こういう時こそ走ろう!と思って裸足ランニングへ。

外の暗さや雨天など、コンディションによっては“裸足に近い薄い靴”を履いて走る時もあるけど、今日は裸足で。

裸足だと、本当に足が軽くて足が速く回り、気持ちがいい。

そして、やっぱり足の裏に色んな刺激があったり、足を守るために適切な足運びをするのが、靴を履いている時より“ゲーム性”を楽しむように走ることもできる。

書籍“脳を鍛えるには、運動しかない”の中から、「有酸素運動とともに、その運動が“適切に複雑である”ということは、“そこに学習が必要になる”ことで、脳へのより良い効能が生まれる」という研究がある。

そういう見方からすると、ランニングだけだと単調な運動になり得るけど、川 沿いという、でこぼこして草が生えていたり、ちょっとよけたりする環境と共に、裸足で適切な足運びや、足の裏に1歩1歩違う多様な刺激を受けながら走ることは、そういった意味でも脳に良い効能があるはずだと思う。

そういうわけで、裸足で走ることを続けているし、できる方はオススメしたい!

とっても気持ちよく、楽しいし、“人が本来できていたことを取り戻していく”楽しさがあります。

では、また会いましょう!

この記事を書いた人

Seita
Seita
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life
Life Embody Facilitator & Writer/“KAGOSHIMA ORGANIC”準備中
NPO法人 鹿児島県有機農業協会 常務理事(広報担当)
助産院と生きる親たちの楽しく力強い集い(仮)メンバー

お仕事として、会議ファシリテーター、組織のビジョニング、企業研修(共感能力開発、言語化能力開発、チームビルディング等)。
Life Workとして、鹿児島のオーガニックのプラットフォーム(器)づくりに奔走、鹿児島中央助産院の支援、夫婦ブログの運用。

*少し詳しい自己紹介はこちらから。

*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*妻・Sakikoの記事一覧はこちらからどうぞ!