星読みのご案内

同じものを見ても、それをどう感じるかは人によって違います。

その感受性(こころ)が、人生を創っていきます。

自分の感受性(こころ)を、人生のどの領域で使っていくのか。

何を学ぶのか。

魂がどこへ向かっていくのかが、

表されているのがホロスコープ(天体の配置図)です。

わたしたちは、はじめから感受性(こころ)を持って生まれた、というのが、占星術の捉え方です。

この時代に持って生まれた、あなただけのエネルギー。

それを表したホロスコープ。

これは、わたしたちが、最初から完成していることを表します。

星読みの時間を通して、自分を理解したり、進みたい方向はこれでいいんだと確認したりして、

あなたの才能や魅力を、この地球上で活かしていっていただきたいです。

・・・

現在、友人、知人を中心に、
投稿を見てくださっている方や、
ご紹介の方のみの対面セッションとさせていただいてます。
まずは、すでにつながりのある方への応援として、させていただきたいと思っています。

(ただいま、オンラインセッションも準備中です)

時間は、2時間です。

お茶と、季節のおやつをご用意させていただきます。

セッションをさせていただく場所は、霧島市隼人町小浜にある、「星の家」です。
自宅兼、イベントスペースです。
ご予約いただいた方には、住所をお送りします。

「星の家」には猫が1匹おります。
基本的には外にいます。もしも重度の猫アレルギーがある場合は、別の素敵な場所でできたらと思います。

今は実験的に、料金を固定で決めていません。
リクエストの金額をお伝えしたうえで、“ 一緒に ” 決めさせていただいてます。

「暮らしとこころの安定」のために、
わたしからのリクエストは、15000円です。

お金の価値は、人それぞれ違います。
もしも、リクエストの金額を支払うことが難しい場合は、「お金以外の贈り物やスキル」、「お金と贈り物」など、それぞれの経済状況も大切にしながら、受け取らせていただきたいと思います。

これまで、手作りの味噌、梅干し、おかず、得意なスキルなど…それぞれが、こころを込めて差し出してくださる豊かさを、ありがたく、受けとっています。
(うれしかったなぁ・・・)

また、リクエスト以上の金額も、うれしく、歓迎しています。

これまで、「これをきっかけに、人生を変えるんだ」という“ 決意 ”として、3万円をいただいたことがありました。
(その後、夢を実現する道へ進んでいて、その方を尊敬しています)

「わたしが、わたしの“ こころ ”や、“ 魂 ”と一致するのに、これだけのお金を払う価値があるんだ」という、自分への贈り物だと思います。

そして、お金で支払うことが難しい方へのギフトとしても、想いをのせてくださいました。

・・・

わたしたちは、時代の大きな転換期にいます。

あたらしい時代は、占星術では、
「風の時代」と言われ、「風」という響きから、可能性や希望を感じます。

「風」は、知恵や叡智。

あたらしい風は、
わたしたちのもとに、知恵や叡智を運んできます。

また、あなた自身が、知恵や叡智を運んでいくことも。

あなたの内に在るものがひらかれていくのを、他者(宇宙)は、待っています。

そして、ホロスコープは、過去、現在、未来・・・どこを探しても、同じものはありません。

宇宙でたったひとりのあなた。

そのあなたと、「星」を通して出会えること。

こころからうれしく、
愛をこめて、
星を読ませていただきます。

お申し込みは、
わたしと会った時や、
Facebookのmessenger、
InstagramのDMへ、
メッセージをいただけたらと思います。

この記事を書いた人

Sakiko
Sakiko
ひとつまみの希望 主宰 oiwai.life

1990年、鹿児島・薩摩川内市生まれ。高校卒業後、リラクゼーションサロンに勤務。ボディケアを提供する中、「こんなにも多くの人が疲れているのはなぜだろう?」「人の根源的な癒しは、どうやったら起こるのだろう?」という問いを抱く。

6年間勤めた後、「食・暮らし・コミュニティ・社会のシステム」が人に与える影響の探求を始め、「人と人とのつながりを大切にする対話法・NVC(非暴力コミュニケーション)」と出会う。
その学びの中で、先住民の叡智をくんだ「 “女性のための集い”・ウーマンズサークル」で起きた癒しとエンパワーに可能性を感じ、霧島市でウーマンズサークルを開いてきた。

学びの活動は夫婦で共にし、
1週間規模のNVC合宿にも複数携わる。その他、食や暮らしにまつわるワークショップを主催している。

現在、霧島・小浜にある古民家を改修し、「星の家」と名付け、対話の場やNVCのワークショップを開催している。


*これまでに書いた記事の一覧はこちらから。

*夫・Seitaの記事一覧はこちらからどうぞ!